おおらかで楽天的な性格だが、金に対する執着心は人一倍で世界一の金持ちになるという夢を持つ。

6年前、宮廷侍従であった父に連れられて、辺境である西涼の召コ村にやって来た。村に来た時は大怪我をして意識がなく、三年経って目覚めると、全ての記憶を失なっていた。その後、父は村の租税の減免を県令に直訴したために殺され、現在は村はずれにある家で母と二人で暮らしている。