≪前頁 ・ 第7回展示室へ戻る ・ 次頁≫

■23時の人

【タイトル】 イリア・プラティエの盗難事件
【作者】 23時の人

「ところで何を盗まれたんですか?」
「んっと、下着で履く物ね」
イリアからの答に、ロイドの手からエニグマが吹っ飛
ぶ。
ここは彼女の部屋。単独での巡回中にイリアから相談
をもちかけられたが。
「後でエリィとティオが来ますので、詳細はそちらで」
「あらぁ、別に弟君が捜してくれたっていいじゃない」
逃げるロイドを、イリアが抱きついて止めてきた。
「いや、こういう案件は女性が捜査すると決まっている
んです!」
焦りながらロイドが述べると、イリアは少しむくれな
がらも離れてくれる。
(た、助かった……)
盛大に安堵してから、落としたエニグマを思い出す。
慌てて拾いに行っていると、紙袋さげたリーシャが部屋
に入ってきた。
「ロイドさん、どうしたんですか?」
「ちょっと相談を受けてね。リーシャは?」
「私はシュリちゃんからイリアさんの洗濯物を預かって
きて……」
リーシャは紙袋をイリアに渡した。
「劇団長達の分もあるのに律義な子ねぇ。あたしは替え
が無くなってからでもいいのに」
イリアは紙袋の中を覗き、「やっぱり無いわね」と、
ため息つく。
「そうですか……」
落胆するロイドに、「相談って、盗難ですか?」リー
シャが真剣な顔になる。
「そう、貴方に頼んで贈って貰ったアレが無いの!」
ロイドより先にイリアが騒ぐ。と、リーシャが顔をひ
きつらせ絶句した。
(……アレ?)
ロイドの中に違和感が出てくる。
「いくらイリアさんのとはいえ、あれを盗むなんて……」
ひきつった顔のままなリーシャを見て、ロイドの違和
感は更に増え、そして気が付いた。
ある事実があれば、違和感が一つの可能性になる。
ロイドは軽く深呼吸すると、確認の為リーシャに尋ね
た。

「弟君ってば凄いじゃない! やっぱ相談して良かった
わー♪」
戻ってきたアレを手にイリアがはしゃぐ。
「シュリちゃんが、劇団長さんの洗濯物に混ぜてごめん
なさいって」
「そんなの戻ってきたからいーわよ♪」
語尾に合わせてイリアは手に持つアレにキスをした。
ロイドとリーシャの顔が激しくひきつる。
「でも、いきなりロイドさんから、あれを他の人に贈っ
た事があるかどうか聞かれたのには驚きました」
慌てて話を逸らしてくるリーシャに、「先に違和感が
あったからね」とロイドは返した。
「物の名称は知らないのに、リーシャにせがんだ」
つまり。
「物は女性が使用するようなのではない。リーシャが誰
かに贈ったのを見て自分も欲しくなった」
そして実際その通りだった。
「劇団長の洗濯物から見つかったのはただの幸運だよ」
暗い顔で謙遜するロイドに、「でも、あれを選んで盗
む人は……」と、リーシャがぼやいた。
「あら、これも十分な価値はあるわよー」
イリアが唇を尖らせ、手にしたアレ――男性用の股引
きを掲げる。
「軽くて暖かいから寝巻に最高なのよ♪」
「だからって、それを愛用するのは……」
涙声なリーシャにロイドも泣きたい気持ちで頷いた。

■23時の人

【タイトル】 追求者エリィ
【作者】 23時の人

「どうしても曝かねばならぬのか? 怪盗Bがどのよう
にして像をここに持ち込んだかを」
後ろに立つ祖父の問いに、エリィは頷き、エニグマを
取り出す。
ここは祖父の部屋。二人のすぐ前には空箱を載せた重
量計。
「だって、この部屋に運搬用の隠し通路が造られて、今
も開かれたままかもしれない。今も尚、お祖父様の安全
が脅かされているかもしれない」
エリィの脳裏に、プレ公演の時の――祖父に短剣が突
きつけられた光景が蘇る。
「あんな思いは、もう嫌……」
目元をくしゃっと歪ませるエリィに、祖父も「そうか
……」と目を伏せた。
「だが、エリィ。その前に、お前の考えを聞かせてくれ
ないか?」
申し出に、エリィもそうですねと顔を上げる。泣きそ
うだった瞳は戻り、強い光をたたえていた。
「まず、この部屋にあったのは偽物。おそらく分解可能
なハリボテです」
祖父の眉がぴくりと持ち上がる。
「そして市庁舎へ運ばれていく途中、運搬トラックの中
で本物に戻した。後で調べたら、あのトラックには像の
他にも大口の荷物が一つ載っていました」
きっとそれが本物の像でしょうねと言うエリィに、
「同じトラックに偽物と本物が同居するなどあるのか?」
との指摘がきた。
「えぇ。だってあの時、他の運搬用トラックは全て街の
外へ出ていましたから」
それはきっと偶然ではなく必然。
エリィは声に力を込めて告げる。
「重さの問題はどうするのだ?」
祖父が困った風に下顎をさする。「いくら外見を似せ
てもハリボテでは軽いぞ?」と。
「ええ。それが難問です」
エリィは素直に頷いた後、「だけど」と空箱を見た。
「ティオちゃんから教えて貰いました。重さとは地面へ
向かう引力だと」
エニグマから光が染みだし、エリィを包むように広が
る。
「つまり、地面へ向かう引力を与えれば擬似的な重さに
なる。そして、それを行えるアーツもある」
成功を女神に祈りながらエリィはアーツを発動した。
「【ダークマター】……!」
エニグマから放たれた光が空箱に吸い込まれ、重量計
の針が動き出す。数値をぐんぐん増やしていく。
「……実際は、ダークマターを維持するギミックを内部
に設置したのでしょう」
息を吐く事を忘れて凝視する祖父の前で、エリィはエ
ニグマを終了させた。
空箱から光が消え、重量計の針が戻っていく。
「勿論、これは私個人の考えです。推論をいくら重ねて
も真実を知るのは当人のみ」
ここで言葉を切ると、エリィは振り向き、唇を精一杯
綻ばした。

「ですよね。怪盗B?」

 沈黙の後、息を軽くのむ音が部屋に響く。
「……やはり近しい者の変装は無理があったか」
祖父――に扮した彼がにやっと唇を歪めた刹那、薔薇
の花弁が巻き起こった。
エリィが思わず怯んだ一瞬に、部屋から彼の姿がかき
消える。
「……」
彼のいた場所を見下ろし、エリィが息をつく。
「【執念】に【尊敬】? 随分な返答ね」
そこには薺と白薔薇が残されていた。

≪前頁 ・ 第7回展示室へ戻る ・ 次頁≫