■クロイ

【タイトル】 空虚の導力器
【作者】 黒井隆二

「…………………は?」
 シスター・ベルが少々の間のあと開いたの口から
間抜けな声を漏らした。その表情は怖がってるな
驚きさじゃなく、呆れたな驚きさだっだ。なにせ、
目の前の少年が――
「だから、オレはリベールへ行くの!今すぐ!」
 驚くもしょうがない、彼らの現在地はエレポニア帝国
の最北部、飛行機はともかくバスすら届かないの村
である。しかもこの小さな村に外へ繋がったのトンネル
は先日の吹雪で閉鎖されて、ようするに、今この村唯一
の出口は魔物に満ちるの山道だった。
「いきなりなにを仰るのローラン君っ!?
そんなこと認めませんわっ!」
 考えも無く当たり前な答えに応じる少年ローランは、
「え〜しょんな〜」
 空気の抜けた風船のようにテーブル上に
垂れていた。シスター・ベルは「だらしない!」
いいながら食堂のテーブルを片付けを続けていた。
日曜日の朝は日曜学校の日であり、教会の施設に預けた
子供たちはすみやかにご飯を済んで、大広間で授業を
受けていった。すでに十六歳のローランは自分で
ゆっくり食事を進んでいる。
「なんで行かさないの?」
 毎日躾けてのお陰で自分の食器を台所へ運ばせた
ローランはさらにシスターに問う。皿を洗っている
シスターは流し向けたまま説教を始めた。
「何もかもです。どう考えでも貴方には無理です、
ただでさえトンネルは閉じされた、仮に貴方が
この村から出ても、一番近いの空港は何セルジュに
離れっているですわ。だいたい、貴方にはお金――」
「あるよん〜」
 危なく落としたカップをキャッチしたシスターは
ようやく振り向いた、そこはニヤニヤしてる少年が
財布みたいな小さな入れ物を遊んでいた。
「ローラン君!?貴方どうやって――」
「大丈夫大丈夫、立派なバイトです!」
 シスターを怒る、いやさらに怒らせる前に、
少年が返事した。
「いつ――」
「半年前から!」
「ど――」
「銀ジィの店!」
 長い付き合いからローランはすでにシスター・ベルの
思考回路を把握している。
「ローラ――」
「ベル姉さんっ!」
 突然大声で昔のあだ名を呼ばれ、シスター・ベル説教
としようの口がピタリと止まった。

「このオレを育って、ありがとうございました」

 少年の顔はいつもの悪ふざけな笑顔の変わりに、
見たことはない優しいと共に切ないな微笑みだっだ。
シスター・ベルが気付いた時、少年はもう消えた。

「ふぅ…」
ローランは山道のフェンスの前で立ち止った。
フェンスを越えると魔物があるを知るの恐怖、
フェンスを越えれば答えがあるを知るの希望、
少年の体が震えていた。
少年の荷物は割りと簡単です、バックパックに
衣服と水筒、財布と寝袋、そして手にある
小さなロケット。
ローランはロケットを持ち上げて、ピシとカバーを
開けた。中には戦術オーブメントみたいたった一つの
スロットがあった。
「よっし!行くかっ!」
まるでローランに応じるのように、
ロケット(オーブメント)は輝いていた。
現在、七耀暦1202年、もう一つ物語の始り――

ノミネート作品一覧