携帯ページトップへもどる

プレイレポ一覧へ 「ロードモナーク」プレイレポートへ


Vol.1 ロードモナークとは

ロードモナークはリアルタイムの陣取りゲーム。敵陣を乗っ取り領土を広げ、4つの国を統一させることがこのゲームの目的です。
ゲームを始めると自国のユニットが自動的に動いていくので最初はとまどうかもしれませんが、どのユニットも目的を持って動いているのでコントロールすることはさほど難しくありません。
ある者は村を作り、ある者は開拓する…その節々の重要な指示をプレイヤーが与えてあげます。

【 ルール 】敵国のリーダーをすべて倒せばクリア。自国の勢力は「資金」と「総人口」で表され、これらを増強していき、自国勢力が他国を圧倒するのに充分と判断した時に攻め込みます。

ゲーム開始時はオートがおすすめ。要所要所で指示を出すのがポイントです。
ゲームの流れは…
《1》自国陣地に村を作り、地盤を固める(目安は敵国の2〜4倍)
《2》隣国への交通手段がなければ橋を架ける
《3》敵国の村を壊して攻め入る(同時に村を作る)
《4》王みずから敵国に出向き、直接対決
《5》勝てば敵陣はすべて自国のものに
《6》王は城に戻る

…「村を作る」というコマンドはオートでOK。しかし、「橋を作る」などの局所的な命令はプレイヤーが直接指示をしてあげなければなりません。適当なユニットを選んで橋を架けたい場所に対し命令をします。
敵国への通路が出来れば、領土の村を破壊して敵兵力をそぎ、後はリーダーを倒すという流れになります。
ユニットに与えられる命令の説明やルールは、チュートリアルにすべて載っているので参考にしてくださいね。

ゲームはリアルタイムに進んでいくので、自国の勢力増大にばかり気を取られていると、死角から敵に侵略されていたという事態を招きかねません。オートといえども常に多方面に気を配る必要があります。 また、税率調整による資金繰りや人口増加対策など、とても奥の深いゲームです。





Vol.2 最初の命令

【ゲームをはじめる前に】
ロードモナークでは、ゲームをスタートする前にいくつか設定しておくことができます。

■同盟
全部で4国あるうち、自国以外の3国のどれかと同盟を結ぶことができます。
最終目的は3国全て撃破することですが、勢力の均衡を保ちながら徐々に敵国をつぶす時は、一旦どこかと同盟を結んでおく策略もあり。自国勢力より他国勢力の伸びが早い時にうまく利用しないと先につぶされることも。

■初期命令
基本はオート。「村を壊す・作る」「開墾」「柵を壊す」「洞窟封鎖」とありますが、まずはオートで様子を見るのがコツ。 初めは自国周辺の森を「開墾」して「村を作る」作業を行いますが、それはオートの方が一小隊ずつ指示するよりも効率がよいですよ。

■マップの大きさ

マップサイズはLとSで選択できますが、基本はSサイズがおすすめ。ロードモナークは戦況がリアルタイムに変化していくので、全体の状況を把握しながら適宜指示を与えていく必要があるためです。 兵の近況を間近に見たい時にLサイズに変更して観察するのがよさそう。
<左:Lサイズ
Sサイズ:右>

■自動税率機能
まず税率を上げ下げするとどのような効果があるかというと、

《税率UP》
村を作ったり、橋や柵を作るための資金ができる。納税に専念している間は兵力が増えない。
《税率DOWN》
納税から国民が解放されるので、溜めた資金を元に村を作って兵力を増強できる。

村を作ったり橋をかける…などの資金が必要な時は税率を上げ、他国に攻め入ったり村を作る人手が必要な時は税率を下げて、うまくバランスを取りながらゲームを進めていきましょ。

「自動税率機能」というのは、手動で税率の上下を行うのが大変だという場合に、戦況から自動的に判断して税率を調整してくれる機能です。 基本はONにして、必要なときに手動で上げ下げするのがよさそう。

税率・資金・兵力など


【 ゲームをスタートしたら 】
ロードモナークは、国民に命令をして他国を制圧するゲーム。国民は規模別にS隊、M隊、L隊と表示され、それぞれ自動的に行動します。 命令の形態には2パターンあります。

■全体命令
国民全体に対して行う命令。「村を作る・壊す」「援軍」など、大きな仕事の時に使います。

■小隊命令
小隊に対して行う命令。行動中のユニット(S隊、M隊、L隊)を直接選択し、個別に指示を出す場合に用います。例えば、「橋を作る・壊す」「柵を作る・壊す」「拠点防御」など局所的な命令時に使います。





Vol.3 海原を望めし開戦

ロードモナークでは、いくつかのポイントが成績に大きく関わってきます。

【成績をあげるには】

■ 制圧日数
他国を制圧できる日数は限られています。早ければ早いほど成績が上がります。

■ 領土占有率
他国を制圧することで、その国土をそっくりそのままいただくことができますが、それ以外の場所もできるだけ自国の領土にしていた方が成績が上がります。
領土を広げるにも資金・人手が入用なので、他国に開墾させた土地を奪う方が効率がよいことも。

■ 戦闘効率
自国の損害を抑え、他国の損害を大きくした方が成績が上がります。
無駄な戦いは極力避け、他国の隙を突く作戦が好ましいでしょう。

【作戦のポイント】

「海原を望めし開戦」という面を例に、
攻略のポイントを押さえていきます。


【作戦1】
------------

初期資金は5000G。
最初は税率を0%のままにし、国民を自国開拓に専念させます。
オートにして、「開墾→村を作る」をしばらく続けましょう。
資金が底をついてきたら税率を20%くらいまで引き上げて(3キー)、3000Gほど溜めます。
そしてまた税率をほどほどに下げて開拓を進めていく…というのを繰り返します。税率を10%くらいに固定しておくのもいいかもしれません。
作戦の略図>
*緑が自国。
*黒・赤・白は敵国。
*モンスターとは破壊の限りを尽くすおじゃまユニット。
*矢印は作戦経路。
【作戦2】
----------

1.領土は、村を広げていくと自国色に染まっていきます。
2.渡れない場所は橋をかけます。

モンスター区域まで領土を広げたら、黒国の領土に橋を架けます。
モンスターは領土を闇雲に破壊していく迷惑なユニット。まずはモンスターの出現する洞窟を、ユニットに命じて「洞窟封鎖」します。あとは自国兵をどんどん送り込めばすぐ沈黙するでしょう。
黒国への橋を架けるには、適当な自国ユニットを選択して「橋をかける」の命令をします。橋をかけるのにも資金がいるので、要注意です。
黒国の領土に侵入する頃には、兵力が2.5倍ほど上回っているはず。黒国に攻め込むなら今です!!
全土南側
【作戦3】
------------

他国の王城には、自国の王みずから遠征して攻め込みます。王ユニットを選択して、移動先を他国の王城に設定します。兵力が勝っていれば勝利!黒国の領土は一瞬にして自国領になります。 他国王を倒したら、王はすぐ自国城に戻りましょう。王が城を留守にしていると、税金が納税されないためです。
全土北側
【作戦4】
------------

こうしている間にも他国は領土を広げているはず…と思いきや、意外と他国領はこじんまりとしています。というのも、赤国はモンスターに国土を破壊され、白国は他国に橋を架けて通路を作ろうとしなかったためです。作戦の見極めは、ゲームを始める前に全体マップを見ながら決めておくのが吉。
あとは、充分な資金を溜めたら赤国に王を遠征させ征服します。赤国との戦いで王軍が疲弊しているので、全軍を王の下へ「援軍」コマンドで集めます。そしてそのまま白国へ攻め入りましょう。
この時、資金が底をついていたら一旦王は城へ帰還し、改めて南側から橋を架けて白国に侵入します。

ロードモナークは頭の体操になるシミュレーションゲーム。パズルゲームや頭の体操系ゲームが好きな方は絶対ハマりますよ。






Go To Falcom Top

「iモード」および「iアプリ」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
SOFTBANKは、ソフトバンク株式会社の登録商標です。「Yahoo!」および「Y!」のロゴマークは、米国Yahoo ! Inc.の登録商標です。
Java、およびJavaに関する商標は、米国およびその他の国において米国Sun Microsystems,Inc.の商標または登録商標です。

(C)TAITO