携帯ページトップへもどる

プレイレポ一覧へ 「イースI」プレイレポート



Vol.1 ミネアの街

【プロローグ】
銀の採掘で栄えるエステリアを襲った災厄。銀鉱山から出現した魔物が島一帯に溢れ出し「嵐の結界」が外界との行き来を閉ざしてしまった。
エステリアが音信不通となって半年…
ひとりの青年がエステリア本島に隣接するトゥテップ島の街にたどりつく。彼の名はアドル・クリスティン。
若き赤毛の冒険者が「嵐の結界」を超えたとき、イースを巡る壮大な冒険の幕が開いた。
【PLAY START】
冒険の始まりは、島国エステリアの中心都市といえる城壁に囲まれたミネア。ミネアの街では銀のハーモニカをなくしてしまった詩人や、占い師のサラとの出会いがあります。

占い師サラに“剣士としての装備”をしてまた来てほしいと言われます。“剣士としての装備”とは、剣・鎧・盾のこと。しかし困ったことに所持金ではすべて買い揃えることができません。なので、お金を稼ぎに村をでてみました。




Vol.2 イース伝統アクション
   
エステリアの最大都市・ミネアで、女占い師サラと出会ったアドル。「剣士としての装備をそろえたらもう一度訪ねてください」とサラに言われ、武器防具代を調達するためフィールドへ。そこには宇宙人のようなモンスターや、かわいいワンコのモンスターがうようよ。

【アクション】
イースTのアドルの攻撃は、敵に体当たりするだけ。といってもただ真正面からぶつかっていくとかなりのダメージをくらい、アドルはくるくる気絶してしまいます。そんな時には、秘儀「半キャラずらし」!アドルの体を半分ずらして敵にぶつかることで、ノーダメージで攻撃することができます。これぞイース伝統アクション!
剣士としての装備を揃え、サラの元へ。サラは、予言にある「剣士」を探していることを告げ、「6冊のイースの本」を探して欲しいと依頼してきます。「イース」は、かつてエステリアの地で栄えたと言われる古代王国。イースの本にはその歴史が綴られ、現在のエステリアの異変を解く鍵になるのだとか。

進むべき道を示してくれると言うゼピック村のジェバに会いに行き、神殿の鍵を受け取ります。いざ神殿へ!
   
【ヒット&アウェイ!ボス戦】
イースアクションといえば「ヒット&アウェイ」戦法。 ただつっこんでいくと敵より先にこちらが死んでしまいます。 敵の攻撃をかわしながら一瞬の隙をついてヒットさせる…の繰り返しでようやくボスに勝てます。

イースシリーズの中でもイースTのボスはピカイチの強さ!ケータイの小さいボタンということもありさらに手に汗握る高度な戦闘が強いられます。
ボス戦の前には必ずセーブをして、負けてもめげずにレベルを上げながら何度でも挑む心意気が必要。攻撃パターンを見破れば勝負はこちらのもの!

左>ジェノクレス
;左右からでてくる炎に注意してボスにアタック!

【一口メモ】筆者的「イースT」BOSS無敵ランキング
@ヴァジュリオン(こうもりみたいな分裂するボス) Aコンスクラード(岩みたいなボス) Bダルクファクト(ラスボス) =ヴァジュリオンは強敵でした。ここから進まないんじゃないか、諦めようか…とまで思いました。しかし粘り強くがんばればいつか勝てます。ダルクファクトは装備をうまいこと考えて装着すれば、けっこう楽に倒せました。=※このランキングは筆者の体験の上でのものです。一般的にはやはりダルクファクトが強いのではないのでしょうか。



Vol.3 キーキャラクター・アイテム


イースのキーとなるフィーナ&レア。
レア:ミネアの街角に姿を現す吟遊詩人。命の次に大切な銀のハーモニカをなくしてしまったらしい。みつけたらさっそく届けてあげましょう。
フィーナ:神殿の地下牢に閉じ込められていた少女。自分の名前以外の記憶を失っている。ジェバの元でしばらく暮らすことになる。
2人の正体…プレイしてみてのお楽しみに。

【お役立ちアイテム】
最終ダンジョン「ダームの塔」にはたくさんのトラップが待ちうけている。ここではそれをかいくぐる様々な力を秘めたアイテムをご紹介。
マスクオブアイズ
石の仮面。マスクを被るといつもの視界とは違ったモノが映し出されるかも。どうしても先に進めない時にはコレ。序盤から終盤まで何かとお世話になるアイテム。
ブルーネックレス
強力な破邪の力を秘めており、あらゆる呪いを打ち消す。邪悪な力を発するトラップを発見したら…
ハンマー
硬いものを砕けるハンマー。壁を壊すイメージにとらわれず使いどころを見極めれば、目に見えないトラップも解除できるはず。
イビルリング
はめた者の心を悪で染め抜き、心身を滅ぼす恐るべき指輪。普通に装備すると死んでしまう。しかし、時には邪悪な心が必要になる時も…
ロダの実
エステリアに存在したという樹木の種。柔らかな果肉質の部分の味はどんな食べ物にも勝るという。 この実を食せば、不思議な声が聞こえてくる
銀製品
エステリアに訪れた災いと各地で姿を消す銀製品。この因果関係の果てにあるものとは…

これらのアイテムをどう使いこなすかが、プレイヤーの腕の見せ所。アクションだけでなく、頭をひねりながら先へ進んでいく楽しさも「イースT」の醍醐味です。





Go To Falcom Top

「iモード」および「iアプリ」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
Java、およびJavaに関する商標は、米国およびその他の国において米国Sun Microsystems,Inc.の商標または登録商標です。

(CHUDSON SOFT