携帯ページトップへもどる

プレイレポ一覧へ 「イースIV -MASK OF THE SUN-」プレイレポート



Vol.1 セルセタの地へ

セルセタの国境の町キャスナン。その先に広がる忌まわしき樹海の地底深くには、黄金でできた城塞都市が埋もれていると言われている。今では深い樹海に埋もれてしまった土地も、以前は聡明な王と5人の忠臣によって治められた豊かな都市で、背中に翼の生えた神の加護を受けていた。 そこには太陽の仮面と呼ばれていた古代文明の遺産が隠されており、そのマスクは膨大な魔力を放出するとか…
樹海自体もマスクの魔力でできたようだ。
そしてその伝説を受け、暗躍する闇の一族とロムン帝国の存在…。

 
一方、6冊の「イースの書」を集めてエステリアの危機を救ったアドルは、新たなる冒険を求めてセルセタの地に赴いていた。そして、港町プロマロックで耳にした 「7冊目のイースの書」の噂。事の真偽を確かめるため、今アドルが立ち上がる!

【グラフィック&サウンド】早速、真相の調査に乗り出したアドルは町で聞き込みを開始。グラフィックは、ケータイ用に起こされた3Dマップ。動作もスムーズで、操作性も良好です!基本的に←↑↓→だけで操作可能なので、片手でOKなところも◎。さらにサウンドもケータイ用にフルアレンジ!スーパーファミコン版の「イースTV」をプレイしたばかりなのですが、このサウンドにかなり近い感じです。


Vol.2 アクション&ボス戦

「第7のイースの書」の手がかりを求めて旅立ったアドル。その道すがら、旅人が盗賊に荷物を奪われてしまう現場に遭遇します。困った人を見過ごせないアドルは、盗賊から荷物を取り戻すべく山道の奥深くへ。山道には、手強い盗賊や魔物が多数徘徊しているのです…
【基本アクション】
アドルの攻撃は威力別に3パターン。小攻撃@キー、中攻撃Aキー、大攻撃Bキー、 もしくは、←↑↓→で簡単に繰り出せます。

【剣攻撃コンボ&戦闘のコツ】
方向キーをひたすら連打するだけで、横斬り・突き・振りかぶり斬りと連続攻撃が炸裂!全く難しい操作は必要ありません。
攻撃のコツは、「常に敵との間合いを一定に保つこと」基本的な事と思うかもしれませんが、これを心掛けるだけで受けるダメージ量がグンと減ります。序盤は前へ前へ行きがちで、敵との間合いを詰めすぎて即死…なんてこともままあります。セーブは、メニューを開けばどこでもできるので、序盤はこまごまとセーブすることをオススメします。ダメージを受けすぎたら、その場でしばらく休憩すると徐々に体力が回復しますよ。

【巨大ボス戦】
山道の奥でついに盗賊を追い詰めたアドル。しかし、そこに突入してきたロムン兵に盗賊と勘違いされ、盗賊共々牢屋へ放り込まれてしまいます。すると、牢屋では盗賊の首領が突然魔物と化し…

巨大な手のような魔物と対峙するアドル!魔物はいくつもある穴から突如現れ、体を大きくうねらせたり、鋭い鎌を投げつけてきたりします。さて、あなたならどう戦う?



Vol.3 聖剣

魔物と化した盗賊の首領を見事倒したアドル。そして「第七のイースの書」を探すべく、アドルは足早に街から旅立ちます。
風の村での、少女カーナとの出会い。そして樹海の侵食の謎と、有翼人を代々祀る巫女リーザとの接触。それぞれの事情が複雑に絡み合う中、アドルは五忠臣を奉る祠で聖剣を手にします。
持ち主を選ぶと言う聖剣。アドルに託された新たな力は、セルセタの地に何をもたらすのでしょうか?

【聖剣システム】
アドルは冒険を進めるにつれて、五忠臣の遺した聖剣を手にしていきます。大地太陽と、それぞれの聖剣には不思議な力が秘められています。
エレメント攻撃 各聖剣に宿る属性の魔法弾を放つことができる。遠距離攻撃が可能。
特殊効果 決定キーの長押しで魔法ゲージを溜めると、各剣特有の効果が発生。例えば、氷の聖剣は移動速度がUPしてダッシュできます。(ボス戦に、ザコキャラ避けに重宝します。)この他にも、攻撃力・防御力UPや取得EXPがUPするなど効果は様々。
範囲攻撃 「大」攻撃をするとアドルを中心に範囲攻撃が炸裂!周りの敵を巻き込んでダメージを与えることができます。敵に囲まれたら真っ先にコレ!剣攻撃コンボだと、一番最後に発動するのでダメ押し効果が絶大。
属性攻撃 敵にもそれぞれ属性があり、敵と反対属性の攻撃をするとダメージが倍増!

<()
ダンジョン攻略に…氷の岩を溶かしたり、暗いダンジョンを明るくしたりと、新ルート開拓には必要不可欠。町と町の間を瞬間移動できるスキルもあるので、上手に聖剣を利用して攻略しましょう。 聖剣と五忠臣、ひいては「第七のイースの書」と「有翼人伝説」の謎…。 すべての謎の解明は、アドルとプレイヤーの双肩にかかっています!




Go To Falcom Top

「iモード」および「iアプリ」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。SOFTBANKは、ソフトバンク株式会社の登録商標です。「Yahoo!」および「Y!」のロゴマークは、米国Yahoo ! Inc.の登録商標です。Java、およびJavaに関する商標は、米国およびその他の国において米国Sun Microsystems,Inc.の商標または登録商標です。 BREWおよびBREWに関する商標は、Qualcomm社の商標または登録商標です。EZwebはKDDI株式会社の登録商標です。

(C)TAITO