携帯ページトップへもどる
プレイレポ一覧へ 「イースI完全版」プレイレポート



Vol.1 呪われた「エステリア」

銀の採掘で豊かなエステリア。 貿易船が行き交う、美しく華やかな島国。 それがやがて呪われた国・エステリアへと変わり、突然の音信不通…
エステリアに近づく船は「嵐の結界」と呼ばれる原因不明の嵐に見舞われて海の藻屑になるという。 そんな時、冒険という魔法に魅入られた少年・アドルは、故郷の村を離れて冒険の旅に出た。

それから一年と半年。
アドルは旅の途中で、エステリアの様々な噂を耳にする。
湧き上がる好奇心と探究心は抑えようもなく、アドルの足はエステリアへと向いていた。 嵐の結界を越える決意をしてからどれ程経った頃だろうか…
アドルは、見知らぬ砂浜に打ち上げられ、気付くとそこはベッドの中だった---

アドルが流れ着いたのは、港町バルバド。病院で手厚い看護を受け傷の癒えたアドルは、エステリアの現状を町の人に聞いた後、早速港町を離れフィールドへ。 町の人の話は一人一人聞くことができるので、なるべく全員と話しておくのが得策。 北へ進むと、エステリア最大都市・ミネアに到着。ここでは、謎の占い師との出会いがあり…

占い師・サラ。顔グラフィックも忠実に再現。アドルに会うなり、アドルの出現を予想していた様子だ。アドルに、剣士としての装備を整えたらまた来るように言うが…


Vol.2 イース伝統アクション
   
エステリアの最大都市・ミネアで、女占い師サラと出会ったアドル。「剣士としての装備をそろえたらもう一度訪ねてください」とサラに言われ、武器防具代を稼ぐため、いざフィールドへ。

【アクション】
アドルの攻撃は至って簡単、敵に対して体当たりするだけ。とはいえ、真正面からぶつかりに行くとまともにダメージを食らって、あっけなく気絶してしまいます。そんな時は、秘儀「半キャラずらし」!アドルの体を半身分ずらして敵にぶつかることで、ノーダメージで攻撃することができます。

剣士としての装備を一式揃えたアドルは、サラの元へ。サラは、予言にある「剣士」を探していることを告げ、「イースの本」を探して欲しいとアドルに依頼します。「イース」は、かつてエステリアの地で栄えたと言われる古代王国。 イースの本にはその歴史が綴られ、現在のエステリアの異変を解く鍵になるのだとか。アドルは、神殿探索用のアイテムをもらい、冒険へと旅立ちました!    
【ヒット&アウェイ!ボス戦】
イースアクションといえば「ヒット&アウェイ」戦法。攻撃するばかりが戦いなのではなく、敵の攻撃をかわしながら一瞬の隙をついてヒットさせ、また防御に入るという、イースの戦闘美学を言います。 90%は攻撃をかわしながら逃げ回り、ほんの一瞬の弱点をついて攻撃するというボス戦もあるほど。何回もチャレンジして、ボスの攻撃パターンを把握すればこっちのもの!ケータイを両手に握り締め、まさに手に汗握る白熱バトルが繰り広げられます!

白熱のボス戦。ギリギリの状態で戦う緊張感も健在!何度も倒された果てに、攻撃パターンを見破った時の快感はひとしお。


Vol.3 数々のトラップ

イースといえば、爽快なアクションとダンジョンに仕掛けられた数々のトラップ!隠し通路、隠し部屋、落とし穴、音トラップ、ワープトラップ…。
その全てが結集しているのが「ダームの塔!」
冒険の途中で手に入るアイテムを駆使して、25階ある塔の頂上を目指しましょう。

【お役立ちアイテム】
ダンジョンに仕掛けられたトラップをかいくぐるには、様々な力を秘めたアイテムが必要不可欠。トラップで塔の階下まで落下してもあきらめず、アイテムを使いこなしてダームの塔を上りきりましょう。

マスクオブアイズ
石の仮面。マスクを被った視界は何を映し出す??どうしても先に進めない時にはコレ。序盤から終盤まで何かとお世話になるアイテム。
ブルーネックレス
強力な破邪の力を秘めており、あらゆる呪いを打ち消す。邪悪な力を発するトラップを発見したら…
ハンマー
硬いものを砕けるハンマー。壁を壊すイメージにとらわれず使いどころを見極めれば、目に見えないトラップも解除できるはず。
イビルリング
はめた者の心を悪で染め抜き、心身を滅ぼす恐るべき指輪。普通に装備すると死んでしまう。しかし、時には邪悪な心が必要になる時も…
ロダの実
エステリアに存在したという樹木の種。柔らかな果肉質の部分の味はどんな食べ物にも勝るという。 この実を食せば、不思議な声が聞こえてくる??
銀製品
エステリアに訪れた災いと各地で姿を消す銀製品。この因果関係の果てにあるものとは…

これらのアイテムをどう使いこなすかが、プレイヤーの腕の見せ所。アクションだけでなく、頭をひねりながら先へ進んでいく楽しさも「イースT」の醍醐味。





Go To Falcom Top

「iモード」および「iアプリ」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。SOFTBANKは、ソフトバンク株式会社の登録商標です。「Yahoo!」および「Y!」のロゴマークは、米国Yahoo ! Inc.の登録商標です。Java、およびJavaに関する商標は、米国およびその他の国において米国Sun Microsystems,Inc.の商標または登録商標です。 BREWおよびBREWに関する商標は、Qualcomm社の商標または登録商標です。EZwebはKDDI株式会社の登録商標です。

(C)TAITO