携帯ページトップへもどる

プレイレポ一覧へ 「イースU完全版」プレイレポート



Vol.1 OPムービー

ダームの塔でダルク=ファクトとの死闘を繰り広げたアドル。見事打破したアドルはやがて光に包まれて意識を失い、気が付くと見知らぬ草原で少女に介抱されており…。
ダームの塔から飛来したアドルが降り立った場所は、なんと浮上する"イース"の世界でした---

【再現されたOPムービー】 ダームの塔での決戦からイースに飛来するまでを描いたオープニングムービー。

ダームの塔から放たれる光
リリアに介抱されるアドル
浮上するイース

PC版『イースU完全版』のオープニングムービーは、軽快かつ圧巻のサウンドに乗せてテンポよくシーンが描かれており、その圧倒的な表現力と迫力で話題になった、イースシリーズの中でも傑作のムービー。 サウンドに小気味よくシンクロする映像の数々は、息を飲むクオリティーの高さ。 そして、そのPC版のオープニングムービーがケータイでも再現されています! 1カットごとにシーンを追う形式にアレンジされていますが、サウンド「TO MAKE THE END OF BATTLE」も忠実に再現されており、あの感動が鮮やかに蘇ります。 必ず、サウンドをONにしてご覧いただきたいムービー。



Vol.2 魔法

ダームの塔から光に包まれイースに飛来したアドル。イースの六神官と女神に導かれ、アドルは一路、災いの元凶うごめく「サルモン神殿」を目指します。六神官と女神の加護を受けたアドルは、魔法を操る力を授かることとなりました。
ファイアーの魔法 力の神官・トバの魔法。炎の攻撃魔法を放つ。「鷹の彫像」というアイテムと併せて使えば、魔法の追尾攻撃が可能!また、ボタンを長押しすれば強力なため攻撃も繰り出せる。「半キャラずらし」とうまく併用すれば鬼に金棒だ。
ボス戦に必須の「ファイアーの魔法」。遠距離攻撃でも、ヒット&アウェイの法則は健在!
ライトの魔法 光の神官・ダビーの魔法。隠されたものを照らし出す。隠し通路や隠しアイテム、隠し扉など、あやしい場所にはまずこれ!
テレパシーの魔法 知恵の神官・ジェンマの魔法。聖獣へ姿を変え、魔物と心を通わすことができる。普段は敵対する魔物と会話することができるので、情報収集に便利。アドルがかわいい獣に変身する様は見物
これらの魔法は、「イースU」を攻略するにあたって最も重要な魔法と言えます。「イースT」からさらに進化を遂げたトラップ・仕掛けの数々をかいくぐるには欠かせない能力です。特に「テレパシーの魔法」は、あらゆる場所で大活躍!



Vol.3 難関ダンジョン

「イースU」のダンジョンは、頭をひねる仕掛けがさらにパワーアップ!特に、「テレパシーの魔法」は、「イースU」攻略の鍵となります。
【聖獣ルーに変身!】
テレパシーの魔法を使うと、なんとアドルが聖獣・ルーの姿に変身!
その名もアド・ルー

かわいい…
ピッカードとルー、二者択一の場面に遭遇したら確実に迷います。
このアドルーは、普段敵対している魔物と会話することができ、情報収集や魔物の目くらましに役立ちます。
ルーの姿になると、魔物も味方になっちゃうんです。
【お役立ちアイテム】
ムーンドリアの廃墟、ラスティーニの廃坑、ノルティア氷壁、バーンブレス、そしてサルモンの神殿…
「イースT」ダームの塔を超える、複雑&ボリュームアップしたダンジョンがプレイヤーを待ち受けます!
幻影の鏡 邪悪な幻影を打ち砕く鏡。ダミーの仕掛けを見つけたらこの鏡で映し出そう。
ささやきの耳飾り どんなささいな音も聞き取れるようになる耳飾り。壁の向こうに気配を感じたら耳を澄ませて…
邪悪な鈴 その禍々しい音色が魔物を呼び寄せる鈴。うまく魔物を呼び寄せれば、その力を利用できるはず。
ロダの葉 聖樹ロダの葉。口に当てると有毒ガスも浄化してくれる。生えている場所はルーのみぞ知る?!

そして、アドルの魔法・アイテムをフル活用して攻略するのが、最大の難関「サルモンの神殿」。神殿・地下水路・鐘撞き堂…と複雑に入り組んだマップ、 施された仕掛け、待ち受けるボスたち。そのどれもが今までとは比べ物にならないほどの過酷な戦いとなります。そしてここでもアドルーが大活躍! 「イース」の謎を解き明かして、感動のラストを存分に味わってください!


トップページへ




Go To Falcom Top

「iモード」および「iアプリ」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。SOFTBANKは、ソフトバンク株式会社の登録商標です。「Yahoo!」および「Y!」のロゴマークは、米国Yahoo ! Inc.の登録商標です。Java、およびJavaに関する商標は、米国およびその他の国において米国Sun Microsystems,Inc.の商標または登録商標です。 BREWおよびBREWに関する商標は、Qualcomm社の商標または登録商標です。EZwebはKDDI株式会社の登録商標です。

(C)TAITO