Falcom 公式サイトメニュー
採用情報
夢を作りたい人へ。
「何かを作りたい」というあなたの純粋な"想い"をファルコムは求めています。

スタッフインタビュー

ゲームソフトウェアの企画から開発、販売までのすべてを自社で行っているファルコム。

そんなファルコムで働くってどういうことなんだろう? 各職種のスタッフにインタビューを行いました。現場の生の声をお聞きください!

ゲームデザイナー
6年目
Profile
髙井孝太郎
長岡造形大学 造形学部 視覚デザイン学科
2013年入社 / 中途採用

どのような仕事をしているのか教えてください

スマホ用ゲームアプリの企画やシナリオ制作を担当しています。コンシューマー向けタイトルの制作に参加する事もあります。

その仕事をするうえで、大切なことはなんですか?

人によって大切なことは変わってくると思いますが、私の場合は自分が関わったモノの先にプレイヤーの笑顔があるかを考えます。きちんと面白さに繋がっているかの判断基準のようなものですね。

ゲーム業界を目指したきかっけを教えてください。

誰かに喜んでもらう事が好きだったからだと思います。子供の頃からよくゲームを遊んでいたので、自然とゲーム業界を志すようになりました。

ファルコムを選んだきっかけや理由は何ですか?

いちプレイヤーとしてファルコム作品をプレイして、ひとつひとつの要素に細かい気配りやこだわりを感じたからです。「この人たちと一緒にゲームを作りたい!」、そんな憧れを持っていました。

ファルコムに入社して良かったと思えることは何ですか?

プレイヤーとしてファルコム作品をプレイした時に感じた事そのままに、社員全員がこだわりを持って仕事をしている事です。いい仕事をすればきちんと評価される体制、社風があるからだと思います。

今まで携わった仕事で、一番の思い出深いエピソードを教えてください。

どの仕事にも思い出はありますが……社長からほぼマンツーマンでシナリオ制作を叩きこまれた事でしょうか。リテイクになった紙の束の厚さは、参考書くらいにはなりそうですね(笑)まだまだ精進が必要です。

就職活動中の皆さまにアドバイスをお願いします。

当たり前の事ですが、採用側が何を知りたいかを想像して、応募作品や履歴書の作成・面接の受け答えをするといいと思います。ただ自分を押し付けるのではなく、相手を想像することは仕事にも生きてくるはずです。

どのような仲間と一緒に働きたいですか?

ただひとつ、「前向きに働ける人」ですね。