英雄伝説 閃の軌跡IV - THE END OF SAGA -

KEYWORD キーワード

魔女の眷属ヘクセンブリード

古の時代、女神エイドスから七至宝セプト=テリオンの一つである《焔の至宝》を受け継いだ一族の末裔で、善き魔女として、時には悪しき魔女として民間伝承で語り継がれてきた。

一族の魔女たちは生まれながらにして高い霊力と“使い魔”を持ち、特に能力の高い者は幻視、暗示といった力を自在に使いこなすことができる。

寿命は普通の人間と変わりないが、一族を統率している《長》、ローゼリアだけは何故か800年以上を生き続けている。

エリンの里

ローゼリアが治めている《魔女の眷属》の隠れ里で、エマやクロチルダが生まれ育った故郷。

霞がかった幻想郷のような風景が広がっており、付近には魔女が特別な儀式を行うための施設も存在している。

帝国南西、イストミア大森林の狭間に位置しているらしいが、魔女としての適性を持たない者はその里の存在に気付くことができない。

地精グノーム

古の時代、女神エイドスから七至宝セプト=テリオンの一つである《大地の至宝》を受け継いだ一族の末裔で、現在のゼムリア文明をはるかに凌ぐ高度な技術力を有している。

かつては《魔女の眷属》と協力して至宝を見守っていたが、数百年前、ある出来事がきっかけで帝国から姿を消してしまった。

その後、《地精》たちは《黒の工房》へと姿を変え結社《身喰らう蛇》の技術ネットワーク“十三工房”の一角として身を潜めながら数々の兵器や戦術殻、人造人間ホムンクルスの製造を手掛けているという。

黒の工房

様々な形でゼムリア大陸各地の出来事に関わってきた技術者集団。

その正体は数百年前に歴史から姿を消した《地精》の末裔で、影に身を潜めながら、時代の流れとともに形を変えることで生き延びてきた。

結社の技術ネットワーク《十三工房》参加によるノウハウ吸収、猟兵団への最新兵器供与による戦闘データ収集、錬金術師たちが確立したホムンクルス製造法の強奪など、ある目的を達成するためにあらゆる手段を駆使して技術力を高めている。

七耀教会

ゼムリア大陸で最も広い信仰を集めている、空の女神エイドスを信奉する巨大宗教組織。

古代《ゼムリア文明》を崩壊させたとされる《大崩壊》直後に教会が成立し、混乱のただ中にあった民衆を導いたと言われている。

導力革命に伴う技術の発展により、その影響力はやや低下したものの、学問・教育・医療など、あらゆる分野においていまだ民衆を啓蒙する立場にある。

尚、七耀協会は祭儀全般を監督する《典礼省》、古代遺物アーティファクトの回収・管理を行う《封聖省》、教会の総本山・アルテリア法国の防衛を担う《僧兵庁》といった組織から成り立っている。

星杯騎士団グラールリッター

危険な力を秘めた古代遺物アーティファクトの回収や、それに関わるあらゆる事件を受け持っている七耀教会の隠密騎士団。

《封聖省》に所属しているが、“外法狩り”など表沙汰にできない裏の役割も持つため、その存在を知る者は少ない。

“聖痕”をその身に宿し、強大な力を持つ12人の守護騎士と彼らをサポートする正騎士・従騎士で構成されており、現在は守護騎士第一位・《紅耀石カーネリア》アイン・セルナートが総長として騎士団をまとめている。

黒の史書

帝国各地で稀に発見される、書物の形をした古代遺物アーティファクトの一種。

“過去”と“未来”に関する様々な出来事が記されているらしく、旧ノーザンブリア大公国に出現した《塩の杭》、リベール王国で発生した《導力停止現象》といった帝国外の事件まで予言されていた。

帝都での災厄に関する予言も記されていたが、その先はまだ解明されていないため、史書の回収・解析を行っていた七耀教会でさえこれから帝国や大陸諸国で起こる出来事を把握できていない。

尚、「黒の史書」の原本はエレボニア帝国の皇族が所有しており、皇位を継承した者のみが中身を読むことを許されている。

クロスベル警察《特務支援課》

旧クロスベル警察が市民の人気取りと遊撃士協会への対抗策として設置した部署。

当初は市民から「遊撃士の真似事」「便利屋」などと揶揄されていたが、捜査官ロイドをはじめとする支援課メンバーの地道な活動やクロスベルを揺るがした数々の難事件解決によって多くの人々に認められる存在となった。

内戦後の帝国によるクロスベル占領に伴いクロスベル警察は帝国所属の「クロスベル軍警」へと形を変え、その過程で《特務支援課》も解散状態に。

帝国軍の目を掻い潜っての抵抗活動、帝国士官学校への強制出向、出向元での監視下業務など、ルーファス総督の謀略によって各メンバーがバラバラに動かざるを得ない状況に陥っている。

騎神(デウス=エクセリオン)

かつて、焔と大地の至宝の衝突によって発生した強大過ぎる力《巨イナル一》を封じ込めるために《魔女》と《地精》が協力して造りだした、騎士の姿をした7体の人型有人兵器。

7体の騎神にはそれぞれ《巨イナル一》の力が封じ込められており、各個体が起動者ライザーと感応することで超越的な力を振るう。

如何なる理由か、騎神は帝国で大きな戦いが起こるときに現れ、その圧倒的な力で争いを収め、ときには破壊を引き起こしてきた。

現在までに灰、蒼、緋、紫、銀、黒の6体の騎神とその起動者が判明しているが、最後の1体《金の騎神》のみ、その存在がいまだ確認されていない。

リベール王国

ゼムリア大陸南西、帝国の南に位置する小王国。

王政ではあるが貴族制度は廃止されており、現君主・アリシア女王による巧みな外交政策のもと平和を享受している。

エプスタイン三高弟の一人、ラッセル博士の母国でもあり、時計職人が多かったことから技術先進国としても発展を遂げ、いち早く導力飛行船の実用化を果たしたことでも知られている。

数年前には、結社《身喰らう蛇》の陰謀によって王国全土の導力が停止するという《リベールの異変》が発生したが、王国軍や遊撃士協会、更には当時「オリビエ・レンハイム」の名でリベールを訪れていたオリヴァルト皇子の協力もあり、無事解決に至った。

その後、クロスベルを中心に緊張感を増していく西ゼムリア大陸の平和と安定のために尽力しようとするのだが……。

遊撃士協会(ブレイサーギルド)

地域の平和と民間人の保護のために働く、遊撃士ブレイサーたちの民間組織。

大陸中西部、レマン自治州に本部があり、各国に支部があるため相応の影響力を持っている。

民間人の安全のためならば実力行使も辞さない側面を持つが、逆に民間人の安全が脅かされない限り、国家・公的権力に対して捜査権・逮捕権を一切行使できないという弱点も持つ。

なお、エレボニア帝国においては数年前のギルド支部爆破事件以降、鉄血宰相によって遊撃士の活動に大幅な制限がかけられることに。

貴族派と革新派による内戦終結後は制限も多少弱まり、帝国内で本格的な活動再開の兆しが見えていたが――

「国家総動員法」の発令に伴い、遊撃士としての活動に更に制限が掛けられることとなってしまった。