2021 ON SALE
――ここから、新たな"軌跡ものがたり"が始まる。
画面写真①
「軌跡」シリーズ後半戦、いよいよ開幕!
画面写真②
舞台は『カルバード共和国』へ ――
画面写真③
裏解決屋スプリガンとして生きる青年のもとに
舞い込んできた“奇妙な依頼”
画面写真③
やがてカルバード全土を震撼させる事態へと発展していく……

Character Illust

エナミカツミ

Prologue

裏解決屋スプリガン』――
カルバード共和国という多様性の坩堝るつぼから生まれた、ある種の“裏稼業”。

ある時は 探偵 ディテクティブとして、ある時は 交渉人 ネゴシエイターとして、またある時は 賞金稼ぎ バウンティハンターとして、彼らはどんな、そして誰からの依頼でも受ける。

警察では扱い切れない依頼の下請け、市民からの“表沙汰にできない”相談事、さらには犯罪者やアンダーグラウンド勢力の“真っ当な”依頼も。

それが、『裏解決屋』と呼ばれる彼らの流儀であった。

時に、七耀暦1208年――

共和国首都・旧市街にある古ぼけた雑居ビルを名門校の制服に身を包んだ、いかにも育ちの良さそうなひとりの女生徒が訪れていた。

『アークライド解決事務所』

素っ気ない文字で書かれたそのプレートを、凛とした眼差しで見つめる少女。

コクンと喉を鳴らし、意を決してノックを3回。

…………

『~ふわああっ、昼前に珍しいな……』

だらしないようで落ち着いた、大人びているようで意外と若い男の声が響き、ドアノブがゆっくりと回り出す。

――ここから、新たな “軌跡”ものがたり が始まる。

Concept Visual

コンセプトビジュアル①
コンセプトビジュアル②
THE LEGEND OF HEROES:KURO NO KISEKI
NOW LOADING
JavaScript を有効にしてください