Falcom 公式サイトメニュー
採用情報
夢を作りたい人へ。
「何かを作りたい」というあなたの純粋な"想い"をファルコムは求めています。

スタッフインタビュー

ゲームソフトウェアの企画から開発、販売までのすべてを自社で行っているファルコム。

そんなファルコムで働くってどういうことなんだろう? 各職種のスタッフにインタビューを行いました。現場の生の声をお聞きください!

プログラマー
1年目
Profile
矢口皓之
横浜国立大学/工学府
2018年入社 / 新卒採用

ゲーム業界を目指したきっかけは何ですか?

大学に入ったころはロボット系の会社に入るつもりでしたが、授業でCGを作る機会があり、その中で自分の考えたものが出来上がっていくのが楽しく感じ、それから自分が本当にやりたいことは何かということを考えるようになりました。 CG の絡む仕事で自分がやりたいことというとゲーム作りくらいしか思い浮かばなかったので、長らく悩んだ末に一番好きなことを仕事にしたいと思い、ゲームを作る仕事を選びました。

ファルコムとの初めての出会いを教えてください。

子供のころからパソコンでゲームを遊ぶのが好きで、そんな中、自分が5歳か6歳のころに父が買ってきたファルコムのゲームを遊んだのが初めてでした。何が最初だったかまでは覚えていませんが…(ロードモナークか Windows 版白き魔女か イースI エターナルのどれかだったと思います)。それからファルコムのゲームを中心に遊ぶようになりました。

就職活動中、特に頑張ったことは何ですか?

とにかくアイデアを練ることです。就職先を決めたのが大学院1年の1月で、ゲーム方面の技術も特になく、それでも開発に行きたいと考えていたので、企画書でのアイデア勝負で行こうというのが自分の方針でした。3月に企画書を送るまでほぼ四六時中オリジナルのゲームのアイデアを練っていたと思います。

応募作品や面接で意識したところは何ですか?

作品については、どんなゲームなら遊んで楽しいか、他との差別化はどうするかなどを考え、企画書はどんなゲームかが伝わるよう、簡潔かつ分かりやすく書くよう心掛けました。面接は、自分はかなり口下手なので、落ち着いて丁寧に答えるようにしました。身振り手振りも交えていたと思います。

ゲーム歴、ゲーム知識は必要ですか?

必要とまでは言いませんが、何かしらのゲームを1つはやっておいた方がいいとも思います。ゲームにどんな要素があるかを知っておくだけでも自分のやりたいことのイメージがある程度明確になり、それが面接等にも生きてくると思うので。

入社前のファルコムのイメージは?

少人数でクオリティの高いゲームを作っている会社、です。あとは、20年来のファンなので、ゲームといえばファルコムというイメージもあります。

面接を受けたあとの感想をどうぞ。

面接が終わってすぐ数分後に直接「合格です」と伝えられたので、最初は逆に実感が湧きませんでした。それからしばらくは現実なのか半信半疑のような状態で、実感がようやく湧いてきたのは、研修初日に開発スペースの自分の席に案内されたときです。本当にやったんだ、とその時にようやく思えるようになりました。

入社前にしておくといいこと

ファルコムのゲームをやったことがない人は、なるべく最近のゲームを遊んで、今どういったゲームを作っているのかを把握しておくといいと思います。やったことがある人は、最近のゲームを遊ぶほか、自分のやりたいことにかかわる技術についてさらに勉強しておくといいかもしれません。

ファルコム新人の日々

どんなお仕事をされていますか?

閃の軌跡IV では会話劇などのイベント作成をしていました。最近はプログラムの書き換えなどの仕事を行っています。

大変だったことはありますか?

イベント作成ではカメラの構図取りなどでよく悩んでいました。重要度の高いシーンにもいくつか関わったので、それらのシーンはカメラからキャラのしぐさ、表情等までかなり気を使いました。また、自分は普通のプログラムについては大学の研究である程度勉強していましたが、ゲーム用プログラムについては DirectX 含めほぼ知識がなかったので、それらを把握するのが大変でした。今も勉強中ですが(笑)。

嬉しかったこと、楽しかったことはありますか?

自分の作ったイベントについて「評判がいい」と言われたのがうれしかったです。イベントの作成には明確なゴールがないので、その評判が良かったというのはちょっとした自信にもなりました。

自分の仕事はココが楽しい!

イベント作成という仕事には明確な正解がありませんが、それは同時に自分の発想と工夫次第で、もしかするとシナリオを作成した方の想定以上に良いものにできるかもしれないということでもあります。もちろん状況からの大きな逸脱やメリハリの無視などはいけませんが、合間のキャラクターの表情や振る舞い、カメラの映し方、間の取り方などは結構自由に作らせてくれる部分が多いです。そういった部分を生かしてどれだけ良いものを作り出せるかがこの仕事の勝負であり、楽しい部分でもあります。

「ファルコムに入社してよかった!」と思う瞬間!

一足先に新作の BGM を聴けたときはかなりテンションが上がりました(笑)。やはり「ファルコムのゲームを作れる」というのが一番うれしいです。

入社後のファルコムのイメージ

社員の方一人一人がしっかりと自分の考えを持ってゲーム作りに動いているというイメージです。

ファルコム新人の生活

勤務地、社内の雰囲気はどうですか?

ほしいものは大体立川駅周辺で揃えられるので便利です。社内は静かですが適度に緊張感があり、仕事をするにはいい雰囲気です。

先輩方はどんな人たちですか?

優しくて真面目で、相談にも気軽に乗っていただけます。自分も先輩方みたいになれたらと思います。

仕事のエネルギー源はなんですか?

朝のバナナと昼食(特にカツ丼)です。

通勤カバンの中身をのぞかせてください。

買い物袋、筆箱、水筒、イヤホン、折り畳み傘、手帳が入ってます。

休日の過ごし方を教えてください。

主にゲームで遊んだり録画したアニメを見たりしてだらだらしてますが、たまに用事を兼ねて散歩に行くこともあります。

初任給で何を買いましたか?

……生活費ぐらいにしか使ってなかったです(笑)。今度おいしいものでも買って実家にもっていこうかと思います。

欲しいものや、したい事はありますか?

学生時代含め今まで出不精だったので、いろんな場所に行ってみたいと思います。

ファルコムでの今後の野望を教えてください。

いろいろとやってみたいことがあるので、プログラムに限らず幅広く動けるようになりたいです。そしていずれは企画にも参加して、日本中、世界中で愛され遊ばれるようなゲームを作りたいです。

未来のファルコム新人社員の方たちへ

こんな新人さんいらっしゃい!

「昔からずっと憧れていた」という方も、「自分ならもっと良いゲームを作れる」という方も大歓迎です。自分の手で面白いゲームを作りたいという情熱を持っている方はぜひ応募してきてください。

応募を検討されている方へのメッセージ

迷っている方は、あきらめる前に挑戦してみましょう。応募を決めている方もそうですが、自分の想いや技術のありったけを込めて挑めば、きっとそれに見合った結果が返ってくるはずです。全力で挑んで、良い結果をつかみ取りましょう!