The Legend of Heroes: Hajimari no KISEKI
This is the End, as well as the Beginning ─
MENU

System

ゲームシステム
3人の主人公を切り替えながら展開する「軌跡」の新たな物語

クロスストーリーシステム

本作では、リィンロイド《C》という3人の主人公を任意に切り替えながら物語を進めていく、シリーズ初の『クロスストーリー』システムを採用しています。

それぞれのルートはチャプター毎に区切られており、同じチャプター内であれば自由にルートを切り替えてゲームをお楽しみいただけます。

チャプター内の各ルートを終盤まで進めることで物語が大きく展開し、次のチャプターへと進めることが可能になります。

選択したルートによって変化するイベントシーン

同じロケーションであっても、選択したルートによって訪れる時期・時間帯がズレていたり、異なる情報が入手できる場合も。

各ルートの登場人物がニアミスするようなシーンでは、ルートによってイベントシーンの演出が変化!

あるルートでは登場人物たちが謎を調査している一方、別のルートでは謎が明かされている状態でストーリーが進んでいくなど、『クロスストーリー』システムだからこそ実現できる本作独自の演出、ストーリー展開にもご期待ください!

頼りになる仲間やゲストキャラクターが続々登場

ロイド編に登場するリーシャ・マオをはじめ各ルートには主人公たちを手助けしてくれる頼もしい仲間が多数登場!

ストーリーに深く関わるキャラクターたちも登場するほか、各ルートで仲間となった全キャラクターを自由に編成できる特殊なシステムの存在も…?

最大10人で発動する一斉攻撃!

ヴァリアント・レイジ


NEW

「閃の軌跡」シリーズに登場した「戦術」リンクシステムに連なる新たな攻撃/回復技が新登場! パーティメンバーが5人以上のときに発動できる戦術リンクの発展型コマンドです。

発動可能条件は “パーティメンバー5人以上が存在” ――。アサルトゲージを消費して「ヴァリアント・アタック」「ヴァリアント・ヒール」「ヴァリアント・アーツ」のいずれかを発動させることができます。

『ヴァリアント・レイジ』では待機中のメンバーも参加するため、ダメージ/回復値が桁違いに大きくなるほか、参加人数に応じてダメージ/回復値の割合も大きくなっていきます。最大参加人数は10人!

戦闘コマンドを使い分けて、戦局を有利に!

戦闘メンバー2人で範囲攻撃を行う「ラッシュ」、戦闘メンバー4人で全体攻撃を行う「バースト」、戦場全体にさまざまな効果を及ぼす「ブレイブオーダー」など、BP (ブレイブポイント) を消費するタイプのコマンドに対して、『ヴァリアント・レイジ』は BP を回復させる効果を持っています。

序盤は「ブレイブオーダー」や「ラッシュ」で敵を攻め、BP が不足してきたタイミングで「ヴァリアント・レイジ」を発動! 敵にさらなるダメージを与えつつ BP を回復させるなど、『ヴァリアント・レイジ』を有効に発動させることで強敵とのバトルも有利に進めることができるようになります。

Now loading...